参考にしたいインターバンク市場の有名トレーダー

FXで重要になってくるのがテクニカル分析の知識です。そして、更にファンダメンタルズ分析のノウハウを身につけることが大切です。

これはインターバンク市場(銀行間市場)で活躍しているトレーダーにも同じ傾向があります。

例を挙げれば、テクニカル分析を重視している投資家、銀行やヘッジファンドのトレーダーでも、発生した売買シグナルが、正しいか正しくないか考えてオーダーした場合は、

広義の意味でのファンダメンタルズ分析と言えるでしょう。

fsfdsfd例えばチャート上のテクニカルポイントで教科書通り値動きが止まれば短期筋が仕掛けた動きでしょうし、止まらなかった場合は、実需筋による値動きなのかな、と考えます。

そしてそれに該当しそうな情報を探し、次の手を打つわけです。こうした想像が動くことでトレードの勝率は50%対50%以上に上がっていくのだと思います。

経験豊富なヘッジファンドのトレーダーで24時間以上、ポジションを持たないような方でも、ファンダメンタルズ分析に詳しく、細かすぎるほどファンダメンタルズを分析しています。

参照引用: バイナリーオプション取引き.com

そして、当時私が働いていたFX業者に、その有名トレーダーの方から、複数の通貨ペアにおける日本の個人投資家のポジション傾向、東京時間の取引量をしつこく尋ねられたことがありました。FX(外国為替証拠金取引)がまだそんなに人気がない時代。

そのような質問を受けることに少々とまどっていましたが、今考えれば、そのトレーダーは日本でFXが急激に人気が出ると踏んで、先を読んで円売りポジションをつくっていたということです。キャリートレード全盛期、円売りポジションを全部スクエアにし、膨大な利益を得たということです。

そのトレーダーは、今ではもうFX取引か引退し、FX業界で有名なセミナー講師となっています。FXで成功する鍵は、テクニカル分析だけではなく、広義のファンダメンタルズにも目を向ける必要があるのだと思いました。ファンダメンタルズ分析についての記事は、このFXランキングが参考になるかもしれません。